Kaimana☆Cafe

Aloha ロミロミセラピストMegumiのblogです。日々のこと、ロミロミのこと、ココロとカラダのこと、ゆるゆると綴っております。

最強のふたり

Hale HINA

吉祥寺バウスシアター

ようやっと 最強のふたり  という映画を観てきました。

いい映画でしたよキラキラ

人生を彩るものは、やはり人との出逢いから生まれるのだと思います。

それがときに辛かったり、ときに最高に愛おしかったり。

わたしは、目の前にいる人の、外見や肩書や過去をまったく気にせずにしてつきあえるのだろうか?

と考えてみたら、それはできていないような気がします。

でも、そういうのも全部ひっくるめて、好きとか嫌いという感覚が自分の中にセンサーみたいにあって、

その感覚というものは自分にとっていちばんの答えなんだと思います。

なかなか、その感覚ってものが頭で考えたものと混同してしまうこともあり(^^;)

あとになってからわかることも多々あり、まぁそれはそれでいいと思うのです。

人間だもの。(笑)

その人の世界観というのはその人のココロがつくっているもので、

似ているから共鳴するものを感じたり、違うから惹かれることもある。

ココロの目でみるもの、自分のココロで感じたものを信頼していたいです。

それができていたら、まさに「最強」だと思います。

人として大切なことって、肩書も過去も関係ないんだなぁー

これはつい最近思ったことですが、

わたしって、「この人とは価値観が違うからあわない、だからしょうがない」って

決めつけてしまうというか、あきらめが早い面がそういえばあったかもなぁって。

最近ある方とお話していて思ったことがありました。

それは、その方が頑なに価値観が違う人のことを否定しているように感じてしまったので(^^;)

ただ違うってだけで、違うから合わないって決めつけているのは私だったなぁって。

頑なに見えるものって、きっとどこかにほどける部分というか、瞬間があると思った、そんなイメージが浮かんだのでした。