Kaimana☆Cafe

~大地に根をはって 空に両手をのばして ハートのまんなかで~ ロミロミセラピストMegumiのblogです。

太陽と月のあいだにあるもの

https://www.instagram.com/p/Bdt-DqOhifX/

#石灯籠#太陽と月がむかいあう#雨上がりの空氣にあたたかい日射し#今日もありがとう♥

Aloha

東京にもどってから21日参りを実行中です。

ゆっくり境内を歩いてみると今まで氣づかなかったところに氣がつきます。

たとえば、この石燈籠。

右に太陽、左に月がありました。

 

そして、今日のおのころ心平氏のブログのタイトルが

月と太陽の間を埋めるもの。。。」

だったので、思わず見てみました。

 

公転周期の小数点単位の細かな計算は、

頭に入ってこずですが(笑)

 

天体の動きも

月と太陽の関係も割り切れるものではない、

と書かれていていました。

そして、アンドルーワイル氏の著書

「太陽と月の結婚―意識の統合を求めて」

を紹介のあと、こう書かれています。

(以下、転載)

 

命とは、小数点以下の

割り切れないアナログの世界にこそ、
その個性と意味がある、

 

陰と陽をつなぐ存在として、

人の存在、

人の意識がある。。。

 

だから大いに、

頭をこんがらがせましょう。

 

悩みや課題にチャレンジすることこそ、

人間が存在する意味そのものかも

しれないのですから・・・。

 

(転載ここまで)

 

おのころ先生は天体の動きもよく記事にしてくださるので、

昨日は金星と冥王星新月が重なって強烈な日であったとか、

参考にさせてもらっています。

昨日一人の友達から、「今日は(いろいろetc)大変だった~」

とメッセージがありましたので、

天体の動きが強烈だったからホシのせいかもよ~と返したのでした。

 

施術家とかセラピストになる人は、

自分が癒されたいからだ、

と聞いて私は9年前に衝撃を受けたことがありますが、

それを言っていたのはおのころ先生です。

 

心のこと、体のことを学びながらも、

いまだに、

どうしてあんなことを言ってしまったんだろう、

どうしてあんな態度をとってしまうんだろう、

この氣もち、どうしたらーーー!!(TT)

なーんて思うことがいまだにある私です(^^;)

 

ですので、「大いに頭をこんがらせましょう」の言葉には

安心できますね。

 

感情に良い悪いもないから、

どの感情も味わいながら

この素晴らしい世界を生きていこうと

思うのです。

 

ameblo.jp

 

Mahalo